ヤフー 仮想通貨に参入!登録業者の株式を40%取得

0
67

ヤフーは、株式会社ビットアルゴ取引所東京の株式40%を取得し、仮想通貨交換業に参入すると日経が報じた。参考:nikkei.com

子会社で外国為替証拠金取引(FX)を行っているワイジェイFXを通じて、ビットコインアルゴ取引所東京の株式を取得。
経営やシステムの整備の強化を行い、2019年春にも追加出資を検討と報じられている。

どうなるか?今後の仮想通貨業界

日本の今後のレギュレーションを考えると、預託金の用意や一定以上の自己資本比率の維持など、証券などと同様の経営体制を行うためには、ある程度のキャッシュがなければ運営できない方向になると考えられる。
報道には2019年春にも追加出資と報じられている為、おそらくは今後の1年間でシステムや経営体制、証券や為替などと同等の水準で運営してゆく為の管理体制を整え、2019年春にサービスをリリースする計画ではないかと考えられる。
かつて、FX業界でも黎明期では十分な運営体制が整っていない業者が横行しながらも、FX業界の取引量が増加する中で、金融庁によるルールの整備や規制と平行して、大手の参入や十分な運営体制が維持できない小規模な会社が大手に買収され、統廃合する流れがあった。
仮想通貨業界についても、昨年より登録制となり、しっかりとした運営体制が求められる。
今後は大手によるライセンス保有会社の買収や、LINE、メルカリなど仮想通貨業界へ参入を検討している企業とで、ある程度の運営体制を構築できる企業の参入と、小規模な企業の淘汰が起きるのではないかと考えられる。